Research

【主な研究内容】

1. 古生物学・古環境学

 海洋底コアに含まれる有孔虫という単細胞生物の化石群集を解析し、過去3万年間に渡る海洋環境変動をCAD, GISを用いて可視化しています。

画像の説明

  • 最終氷期(~約1万年前)が終わり、急激な温暖化が始まった融氷期(約15,500~10,300年前)における海洋底の環境変動を数十年から数百年スパンで分析し、カリフォルニア沖での解析結果と比較することで汎地球的な環境変動との関係を検討し、地形発達史や人類史との関わりを実践的に可視化する研究を行っています。
    米国地球物理学連合,AGU2007
    米国地球物理学連合,AGU2010)

2. 地球科学情報の「見える化」技術

プロジェクションマッピングに特化した立体造型法によって地質情報を可視化した模型システムを開発し、検証やアウトリーチに利用しています。詳細は"Publication"および"3D-model"の項目をご覧ください。

画像の説明

3. 地形・地質情報の三次元モデリング

 ボーリングデータ、地下水データ、反射法地震探査データ等の各種地質情報をCAD,GIS上で三次元的に可視化し、神戸-西大阪周辺や岩手山周辺地域等における断層系と地下水温の異常帯との関連性を検討しています。

画像の説明
神戸市周辺の深層ボーリングコアデータより内挿した海成粘土層 (Ma)各層の下面標高分布
(Click image to enlarge)